活動内容

CFMへの故障検知装置の導入促進

無音放送を検知するアプリ現在、特定非営利活動法人日本地域放送支援機構では、コミュニティ放送の安全・信頼性向上のため、無音放送を検知するアプリを開発しております。

無音検知アプリの配布について

  1. gmailの無料メールアドレスを、本アプリ専用に新たに取得して下さい。
  2. 取得したgmailアドレスをNPO宛(muon@j-abs.org)にお知らせください。ダウンロードの認証登録を行います。
  3. ダウンロードの登録手続き完了後、ダウンロードサイトをgmail宛にお知らせします。
  4. アプリをインストールするスマホでNPOからの通知メールを受信し、指定のURLにアクセスしインストールを始めて下さい。(複数可)
  5. インストール手順のマニュアルは、通知メールに併せて記載していますので、ご確認ください。

活用方法については、「Android 無料アプリ CF Monitorの活用について(PDF形式:152KB)」をご覧ください。
Google Playストア向けのCFMonitorに関するプライバシーポリシー(PDF形式:75KB)掲載しておりますのでご確認下さい。
※ご不明な点は、メール(muon@j-abs.org)にて、担当理事 川井までご質問下さい。


臨時災害放送局開設等の手引き書の作成

未曾有の犠牲者、被害をもたらした東日本大震災の被災地東北では、
平成23年3月11日直後から、24の市町がのべ29局の「臨時災害放送局」を開設、運用しました。
本手引書は、臨時災害放送局を「次に」役立ててもらえるようにするため、
臨時災害放送局の開設、運営に係わった地方公共団体、支援スタッフのみなさんのご協力などを得ながら、
東北コミュニティ放送協議会、特定非営利活動法人東北地域放送支援機構及び東北総合通信局が作成したものです。

また、手引書をご希望の方は、ご住所、お名前を明記の上、発送手数料 500円分の切手を同封し、
下記住所までお申込みください。
お申込み受領後、随時郵送させていただきます。

送付先
〒990-0043
山形市本町二丁目4番14号 津多屋ビル2F
特定非営利活動法人 日本地域放送支援機構

(1)特定非営利活動に係る事業

  1. 被災地の地域放送の運営に関する助言、指導及びスタッフ、アナウンサーの派遣、育成、研修等
  2. 被災地の地域放送の放送設備の保守、法定検査等の技術支援等、地域放送が安定した放送を継続して行うに必要な支援
  3. 被災者への情報伝達に地域放送が必要と認められる地域における臨時災害放送局の開設、運用の支援
  4. 地域放送の普及発展を図るための出版及び物品の提供
  5. 地域放送の普及発展を図るための番組、CM制作及び提供

(2)その他の事業

  1. 無線局登録点検事業
  2. 電気通信工事業
  3. 地域放送局送信設備の管理、運営
  4. 前各号に関する一切の事業

臨時災害放送局用FM放送システム

臨時災害放送局用FM放送システム構成のページを新たに作成いたしました。
合わせてご覧ください。

活動実績

日本地域放送支援機構が行ってきた活動実績を写真や資料とともに掲載しております。


第2回特定非営利活動法人 東日本地域放送支援機構総会開催 

第2回総会、記念講演並びに懇親会を
平成25年10月23日(水)山形市 山形グランドホテルにて開催。
玉井理事長の挨拶に続き多額のご支援をいただいた、
映画「BEATCHILD」制作委員会に感謝状の贈呈を行いました。
また仙台管区気象台台長 牧原康隆氏が
「特別警報に託す減災への願い」と題しご講演いただきました。

  • 第2回特定非営利活動法人 東日本地域放送支援機構総会開催
  • 第2回特定非営利活動法人 東日本地域放送支援機構総会開催
  • 第2回特定非営利活動法人 東日本地域放送支援機構総会開催

映画「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987」よりご支援をいただきました。 

BEATCHILD1987は、東北コミュニティFMおよび災害放送28局を支援します。

東北では今なお被災地が存在します。
国全体が必死の「復興」励む中、一方で、さらなる災害の脅威に備え、
常に「減災」という課題にも向き合っています。
そのために必要なのは「災害放送の常時整備」であり、
その大切な担い手は、各地で日夜活動するコミュニティFMの人々です。
彼らの活動は、日陰に隠れ目立ちません。
ラジオに育てられたミュージシャンたちが、いまBEATCHILDのロック魂を通じて、
東北23局の災害放送活動のために支援することを約束しています。

「BEAT CHILD」は、1987年8月22〜23日に
熊本・阿蘇の野外劇場「アスペクタ」で行われたロックイベントで、
日本のロックシーンを代表するアーティスト13組が結集し、
彼らのステージを一目見ようと約7万2000人の観客が殺到した。
しかし、イベント開始とともに記録的豪雨に見舞われ、
会場は泥川化するという過酷な状況下にもかかわらず、
約12時間におよぶイベントは中止になることなく決行された。

日本初のオールナイトロックフェスティバル「BEAT CHILD」を追ったドキュメンタリー映画
「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」が、
10月26日から全国80劇場で公開されることが決定。
今後、DVDリリース、ネット配信などは予定されておらず、劇場のみでの特別公開となる。


  • 映画「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987」よりご支援をいただきました。
  • 映画「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987」よりご支援をいただきました。

ICT推進フェア2013 in 東北 

ICTの利活用による大規模災害に備えた防災・減災対策に向けて開催の
ICT推進フェア2013 in 東北がせんだいメディアテークで開催。
NPO東日本地域放送支援機構では、東日本大震災の経験を生かし、
災害時に有効な臨時災害放送システムを展示しました。

  • ICT推進フェア2013 in 東北
  • ICT推進フェア2013 in 東北

スプリングフェスティバル はたらく車大集合 

山形市で行われた「スプリングフェスティバル はたらく車大集合」に
特定非営利活動法人 東日本地域放送支援機構は
臨時災害放送局の放送機材の展示をいたしました。
山形市のコミュニティFM放送局、ラジオモンスターは4時間の公開生放送を行い、
東日本地域放送支援機構の活動を紹介、
総務省東北総合通信局放送部長 今田敏明さんがゲスト出演いたしました。

  • スプリングフェスティバル はたらく車大集合
  • スプリングフェスティバル はたらく車大集合
  • スプリングフェスティバル はたらく車大集合

第1回総会および記念講演を行いました。 

2012年10月19日、山形県山形市において
特定非営利活動法人 東日本地域放送支援機構
第1回総会および記念講演ならびに懇親会を行いました。

  • 第1回総会および記念講演を行いました。
  • 第1回総会および記念講演を行いました。